メニュー

ピロリ菌について

[2019.05.15]

ピロリ菌が原因で萎縮性胃炎(慢性胃炎)、胃癌、胃・十二指腸潰瘍など様々な病気が引き起こされると考えられております。2種類の抗生物質と1種類の胃薬を1週間服用することで除菌します。除菌が成功すれば胃癌や胃潰瘍、十二指腸潰瘍の再発を抑え、胃癌の発生については3分の1程度に低下させることが出来るとされています。当院でも除菌療法を行っておりますので是非一度ご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME