メニュー

院長ブログ

膵臓がんについて(2021.06.17更新)
すいぞう癌は予後が最も悪い癌のひとつとされています。近年増加傾向にありここ30年間で約3倍に増加しています。喫煙、糖尿病、多量飲酒などが原因とされています。症状に乏しく、進行すると黄疸や腹痛・背部痛な… ▼続きを読む

ペプシノゲン、ピロリ抗体について(2021.06.09更新)
健診などで用いられているペプシノゲン値はピロリ抗体と同様に萎縮性胃炎の程度を評価する際の手助けとなるとされています。萎縮性胃炎が進むとペプシノゲンⅠ値とペプシノゲンⅠ/Ⅱ比が低くなるとされます。また、… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME