メニュー

院長ブログ

胃・十二指腸潰瘍について(2020.08.28更新)
胃・十二指腸潰瘍は胃酸などにより胃や十二指腸の粘膜に潰瘍を生じたものとされています。原因は痛み止め(ロキソニンなどの消炎鎮痛剤)の内服やピロリ菌感染が原因とされています。症状は心窩部痛(胃潰瘍では食後… ▼続きを読む

大腸憩室症について(2020.08.26更新)
大腸憩室とは大腸内の腸管内圧の上昇により大腸の粘膜などが外に脱出する病気です。中高年や便秘傾向の方に多い傾向があります。一般的に無症状ですが、稀に炎症や出血が起こることがあります。炎症が起きると腹痛、… ▼続きを読む

過敏性腸症候群の診断基準について(2020.08.24更新)
過敏性腸症候群とは大腸などに異常を認めないにもかかわらず便通異常(便秘、下痢、もしくは便秘と下痢を繰り返す)と腹痛を認める病気です。近年、増加傾向であり有病率は15%程度とされており加齢とともに低下す… ▼続きを読む

自宅での正しい血圧の測定方法について(2020.08.19更新)
家庭血圧(自宅での血圧)は、朝と夜の1日2回測定するのが原則です。朝は起床後1時間以内に排尿を済ませ、朝食や服薬の前に測定します。夜の測定は入浴後や飲酒後は少し時間をおいて、就寝前に測定しましょう。一… ▼続きを読む

過敏性腸症候群について(2020.08.15更新)
過敏性腸症候群は腸管に病変がないにも関わらず便秘や下痢を繰り返すなどの便通異常が主な症状です。ストレスなど心理的なものが背景に発症すること多いとされ、ストレスの多い現代社会では増加傾向にあります。便秘… ▼続きを読む

糖尿病でお困りの方(2020.08.13更新)
糖尿病の典型的な症状は口渇、多飲、多尿、体重減少です。診断としては血液検査で空腹時の血糖値やHbA1cなどで診断します。インスリンが欠乏しているタイプの1型とインスリンの分泌障害や抵抗性が増した2型の… ▼続きを読む

機能性ディスペプシアについて(2020.08.12更新)
機能性ディスペプシアとは胃カメラや腹部エコー検査などで明らかな異常がないにも関わらず慢性的な胃もたれや心窩部痛などの腹部症状をきたす疾患と考えられています。健常者でも20%前後にみられると考えられてお… ▼続きを読む

胆石症について(2020.08.09更新)
胆石は、肥満体形・40歳以上・多産の女性・白人に多いとされています。発生する場所については胆のう(胆汁を蓄える袋)、総胆管(胆汁の流れ道)、肝内結石(肝臓内の胆汁が流れる管に出来る)とされています。胆… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME